薫さん・マロンさん通信21

薫さん、先週末から 突然 前庭疾患の症状が出て

譲渡会もお休みしましたが

頑張ってくれて、だいぶ回復してきた気がします。

症状が出て最初の3日間は、目が左右に動く 眼振が強くて

本犬も ひどい船酔いのようなのか 飲食もしたくない感じでしたので

脱水症状にならないよう、犬用の電解質粉末を溶かした水と 

カロリー取れる流動食を お口に入れてました

シリンジより、、赤ちゃんの薬飲みスポイトが 便利でした!

犬用の電解質バランス粉末(スポーツ飲料粉末のようなもの) とか

流動食粉末は、シニア犬のおうちでは 常備しておくと安心かもです

お薬は 最初は乳鉢で潰して給水時に入れてましたが、

出さないように気をつけて 直に口に入れても飲ませられました

薫さん、強制給水は お気に召さないようでしたが 暴れたりせず させてくれて

4日目くらいから、だんだん復活してきて

おやつから始まって、ご飯も好きなものを 少しずつ食べ始めてます

よかった! 頑張ってくれて、ありがたいです


眼振が治っても、首が傾く 斜頸は残ってしまってます

少しずつ角度は減っている気もしますが、傾いてる。。

傾いている側の三半規管が弱くなったので、バランスを取るためにこうなるらしいです。

最初は少しふらついてましたが、

お散歩に出ると、クン活とマーキングは健在 !

本犬の楽しみなので、少しずつ 外を歩いてみています

苦しくなったりしない限りは、無理せずですが 元の生活に近くしています

やはり14歳なので、調子を崩すことも多いし

衰えて、前のように行かないこともある。

でも、本犬は そんなことより 人のそばに行きたくて

褒めてもらったり構ってもらうと、とても嬉しそうにニコニコしてます

こういうところ、人間じゃなかなか出来ないよね。。

こちらもつられてニコニコしてしまいます


薫さんのように 繁殖犬として ずっと犬生を送ってきた子たちは

人からの愛情に とても敏感なことが多い、 と病院の先生が言ってました

今まで いい扱いされた事もあまりないだろうに

なんでこんなに まっすぐなんだろう。。キュンとします。


介護、看護もこれからあると思うけど、

薫さんには それを上回る みんなを笑顔にする力があります。

もし、残り時間じゃなくて、一途に生きる薫さんを受け入れて

毎日を大切にしてくれる 家族を見つけられたら

薫さんの犬生で最大のプレゼントになるのかな。。

復活したら、お見合いをまたできるのが、今のところの目標です!


トライアル中のマロンさんは

里親さまから、可愛い マロンさん写真をたくさんいただいており

とても幸せそうです!

トイレやお留守番も、工夫しながらやってくださって感謝しています。

ご家族や、生徒さんにも可愛がってもらってます

トライアルが無事に完了することを願っています

薫さん、マロンさんはPooch Dog Rescueの保護犬です

マロンさんはトライアル中、

薫さんは 年齢や状況ご了承いただいた上で、、 お問い合わせお待ちしています

Dog Massage Yui

ドッグマッサージはお休みです! 保護犬預かり、Blogは続けています!

0コメント

  • 1000 / 1000